恋肌は月額制の料金が安く人気が高いですが、予約が取りにくくなっているのが現状です。脱毛は継続的に通わなければならないため、予約を思うように入れられないとストレスに感じてしまいますよね。

この記事では、恋肌の予約の取り方予約が取りにくい原因は何なのか解説します。また、予約をスムーズに取るための方法も紹介しますので、恋肌を利用する人は参考にしてください。

恋肌(こいはだ)の予約が取りにくい理由

電話がつながりにくいのが一因

恋肌(こいはだ)の予約がなかなかとれない理由の1つが、電話がつながりにくいことです。利用するサロンに連絡をして予約を入れる場合、スムーズに電話がつながらないことがあります。時間帯によっては、予約や問い合わせの電話が殺到し、スタッフが対応しきれないといったケースもでてくるため、何度かけても対応してもらえない場合があります。お昼時や夕方などは、とくに電話がつながりにくくなる時間帯です。

契約した店舗のみしか利用ができない

また、店舗間の移動ができないことも、恋肌(こいはだ)が予約をとりにくい理由の1つです。脱毛サロンによっては、契約をした店舗でなくても施術を受けられることがありますが、恋肌(こいはだ)の場合は最初に契約した店舗で以後もずっと施術を受けます。予約に空きがないときでも、他の店舗を利用することは基本的にできません。したがって、契約している顧客数が多い人気のある店舗ほど、予約はとりにくくなります。

予約が入れられるのは基本的に1カ月先まで

恋肌(こいはだ)では、インターネットを通じて予約が入れられるシステムを導入しています。このシステムは24時間利用ができるのがいい点ですが、予約が1カ月先までしかとれないというデメリットがあります。1カ月以上先の日程は表示されないため、数カ月後の予約手続きは、サイトからは行うことができません。このような点も、予約をとりにくくしている一因です。

恋肌(こいはだ)はなぜ人気がある?

恋肌(こいはだ)人気の秘密は、やはり料金の安さです。月額1,000円前後で全身脱毛を受けられるため、これまで脱毛を諦めていた人でも気軽に施術にチャレンジできます。月額制を導入するサロンは、途中で解約がしやすいというメリットがあります。肌トラブルが生じた場合や、他のサロンを利用し始める場合も、煩わしい思いをすることなく解約の手続きが可能です。

また、恋肌(こいはだ)の脱毛は最短で2週間に1回できるので、脱毛が完了するまでの期間も短くなります。最短半年程度で施術が終わる可能性がある点も、人気の秘密と言えます。サロンの脱毛は、完了まで数年程度かかるケースも多いですが、恋肌(こいはだ)では、予約さえスムーズにとれればかなり短い期間で脱毛を終えることができるわけです。

予約の取り方

恋肌(こいはだ)で施術の予約を入れるときには、3つの方法から選べます。一番簡単なのが、施術が終わった後に店舗で予約を入れる方法です。このほかにも、電話予約やオンライン予約という方法がありますので、その都度利用しやすい方法を選択しましょう。どの方法が適しているかは、ケースバイケースです。

店舗で予約をする方法

恋肌(こいはだ)の店舗で次回の予約を入れる場合は、スタッフに直接予約を取りたい旨を伝えます。顧客から申し出があれば、その場で予約の空き状況などを確認してもらえますので、すぐに次回の予約が入れられます。スタッフから予約したいかどうかをとくに聞かれなくても、ためらう必要はありません。できるだけ早く脱毛を完了させたいときには、少しでも早く予約を入れておくのがベストです。ちなみに、店舗で予約をしたときには、施術日の3日前の13時まで変更やキャンセルができます。

電話で予約をする方法

電話で予約を入れる際には、営業時間を調べて直接店舗に電話連絡をします。この場合も、スタッフがその場で予約の空き状況を見てくれますので、空きがある日時に行けるようであればすぐに予約が可能です。ただ、電話予約は電話がつながらないと難しいため、空いているような時間帯を見計らって電話をかける必要があるでしょう。電話予約の場合も、変更やキャンセルの期限は3日前の13時までです。

オンラインで予約を入れる方法

オンラインの予約システムで予約をとるときは、サイトにアクセスをして会員用のページにログインを行います。このようにすると、予約が入れられる画面に移動しますので、希望する日時を選んで手続きをしましょう。オンラインで予約した場合は、施術の前日の18時まで変更やキャンセルができます。期限が過ぎてしまうと、あらためて変更やキャンセルの手続きを行っても、施術を受けた扱いになってしまうため注意をしましょう。

恋肌(こいはだ)の予約をとりやすくするためのコツ

施術の際にすぐに予約を入れる

施術を終えて帰るときに次の予約をとると、最短のスケジュールで施術を受けることも可能です。一般的に、時間がたつほど予約が埋まってきますので、自分の予定がわかっているときにはすぐに手続きをしてしまうのがコツと言えます。万が一、都合が悪くなったときにも、連絡をするタイミングが早ければ、再予約ができる時期も早くなります。

当日のキャンセルを狙う方法もある

希望する日の当日に、店舗に電話で確認するのも1つのコツです。数日前には全く空きがなくても、後にキャンセルが出る可能性があります。当日や前日の夜にキャンセルをする人もいますので、タイミングがよければ空いている時間帯に施術が受けられます。思いのほか早く予約ができることも考えられるため、こまめにサロンの空き状況を確認しておくのがおすすめです。

繁忙期などを避ける

予約の混み具合は、時期によっても多少変わります。学生が夏休みに入る時期などは、どのサロンも大抵は忙しくなります。また、大型連休なども予約が埋まりやすい時期です。繁忙期や人の多い日、人の多い時間帯を避けることも、予約をとりやすくするコツになってきます。キャンセルが出やすい週末や、祝日の終わりの夜などにサロンにコンタクトを取り、予約状況を確認してみるのも1つの方法です。

人気が高い店舗を避ける

ターミナル駅からアクセスしやすい、など、通いやすい条件がそろっている店舗は概して人気が高くなる傾向があります。こういった店舗は、予約が埋まるペースも早いことが多いため、できれば避けたいところと言えます。狙い目なのは、オープンしたばかりの店舗です。新しい店舗はまだ顧客の数が少ない可能性があり、比較的予約もとりやすいです。

サロンを乗り換える方法もある

どうしても予約がとりにくいときには、思い切って他のサロンに乗り換えるのも合理的な方法です。乗り換え割があり、予約がとりやすいサロン として有名なのが、例えばキレイモや銀座カラーです。 キレイモは店舗数が多く、選んだプランによっては数カ月先の予約までとることが可能です。また、施術の際に美肌潤美という保湿ケアを行う銀座カラーの場合は、手続きをすれば2回目以降の施術に関しては店舗を移動して受けられます。

アリシアクリニック

アリシアクリニックは、予約がとりやすいクリニックとして知られています。こちらのクリニックではさまざまなキャンペーンを行っていますが、その中でもとくにメリットが大きいのが乗り換え割のキャンペーンです。全身脱毛のほかに、顔脱毛やパーツ別の脱毛プランなどを用意しており、サロンよりもスピーディーに脱毛が完了するのが魅力と言えます。

まとめ

脱毛のサロンにはそれぞれルールがあり、予約の方法やキャンセルの扱いも異なります。恋肌(こいはだ)で予約をいれる際にも、まずはサロンのルールを確認しておくことが大切です。空きが出やすいタイミングなどを上手に選んで、ベストな方法で予約を入れていきましょう。ちょっとした工夫をすれば、恋肌(こいはだ)の予約もグンととりやすくなります。