サロンで脱毛をするときには、事前に施術を受ける箇所のシェービングが必要になってきます。もし事前処理を忘れた場合、サロンによってはシェービングなしで剃り残しは避けて照射という対応をしているところもあります。銀座カラーはどういった対応をしてくれるのか気になりますよね。

ここでは、銀座カラーのコースごとのシェービング料金、全身脱毛をするときの背中やVIOなどの剃りにくい部位へのシェービング対応などについてお伝えしていきます。

銀座カラーにシェービングサービスはあるの?

銀座カラーでもシェービングのサービスを行っている

銀座カラーでも、シェービングのサービスは必要に応じて行っています。ただ、こちらのサロンの場合、基本的に施術前のシェービングは本人が行うことになっているため、選んだコースや状況によって対応が異なる点は、あらかじめチェックしておきたいところです。シェービングを済ませていないときには、その部分を抜かして施術を行う場合もあります。

シェービングの料金は選んだコースで変わる

例えば、銀座カラーの全身脱毛には「スピード脱毛コース」と「リーズナブル脱毛コース」がありますが、この2つではシェービングを受けるときの料金が変わります。「スピード脱毛コース」を選ぶと、一部のシェービングサービスを無料で受けることが可能。一方、「リーズナブル脱毛コース」を選んだときにはシェービングのサービスはついていないため、剃ってもらう必要が出てくると、オプション料金がかかります。

剃りにくい部分は、基本的にシェービングをしてくれる

全身脱毛や背中、VIOの脱毛を受けるときには、自分でシェービングを済ませるのは難しいことが多いです。銀座カラーの場合、自分で処理ができない部分に関しては、基本的にスタッフにシェービングを手伝ってもらえます。実際、首の裏側や背中、腰の裏側などは自分でシェービングするのはかなり困難な場所です。こういった場所のシェービングは、銀座カラーのサロンで行ってもらうことができます。無料で対応してもらえるかどうかは、選んだコース次第です。

シェービングを忘れてしまった場合の対応

自分で剃れる部分のシェービングをうっかり忘れてしまった場合は、施術が受けられないケースもあります。このようなときには、シェービングをしていない部分を避けて施術を行うか、もしくは後日にあらためて予約を入れて施術を受け直します。自分でシェービングをするのが難しい場所はスタッフにその場で剃ってもらえますので、自己処理を忘れてしまっても、そのために施術が受けられなくなってしまうといったことはありません。

脱毛前の自己処理の方法は?

事前のシェービングはどんな方法で行う?

施術前のムダ毛の処理は、できるだけ肌に負担をかけない方法で行うのがベストです。施術の際に用いられる光は、肌にも少なからず影響を与えます。シェービングの影響で肌に傷がついていると、トラブルの一因にもなりかねませんので、肌に優しい処理方法を選びましょう。カミソリ負けなどを起こしていると、施術にも影響を与えることがあります。
肌への負担を少なくできるのが、例えば電気シェーバーを用いる方法です。このような電気シェーバーは、表面に現れているムダ毛を短くカットできます。ワキやVIOなどの少しデリケートな部分の自己処理にも使えるのが便利な点。刃の部分を肌に軽く当てていくだけでムダ毛がカットされますので、手間もかかりません。正しい使い方をすれば、電気シェーバーは肌を傷つける心配も少なく、安全にムダ毛の処理ができます。

ムダ毛が肌から見えない状態になれば問題はない

事前のシェービングをする際には、可能な範囲でムダ毛を処理していきます。毛穴が出ている毛が2ミリ程度であれば、剃り残しと思われてしまう可能性は少ないと言えます。実際、表面のムダ毛がほとんど見えない状態になれば、施術をする際にも問題にはなりません。毛抜きなどで無理に毛を抜く必要はありませんので、適度なレベルに処理を行いましょう。

タイミングを選んで処理を行うのがコツ

電気シェーバーを使ってムダ毛を処理した場合、効果は半日から1日程度しか持ちません。したがって、早いうちから自己処理をしてしまうと、施術の日までに再び毛が伸びてしまいます。こういったトラブルを避けるためには、タイミングを見計らって自己処理を行う必要があります。

ムダ毛の処理に最適なタイミングは?

事前のムダ毛の処理に最適なのが、例えば施術当日の朝や前日の夜です。このようなタイミングにケアをすれば、ムダ毛が伸びて施術ができなくなってしまった、というような困った状況は避けられます。自分のムダ毛が伸びるペースなどを確認しながら、最適なタイミングを選ぶのがいい方法です。電気シェーバーは短い間に効率良くムダ毛を処理できますので、施術の当日にカバンの中に入れて持っていくとすぐに対処ができます。

シェービングが無料のサロンは?

シェービングを無料で行うサロンもある

サロンの中には、シェービングのサービスを無料で行っているところも見られます。例えば、シースリーやキレイモ、ジェイエステなどは、無料でシェービングを行うサロンの1例です。ただ、このようなサロンも、無料でシェービングが受けられるコースは一部に限定されている場合があるため、確認が必要です。TBCやエピレなども、無料でシェービングを行っているケースがあります。

追加料金がかからないシースリーやジェイエステ

シースリーやジェイエステでは、サロンでシェービングをすることになっても追加で料金を請求されることはありません。ただ、このような無料でシェービングを行うサロンの場合も、施術を受ける人が自分でムダ毛の処理を行っていくのが本来のルールです。背中やうなじなどの、自己処理が難しい部分については、毎回シェービングを依頼できますが、他の部分についてはできるだけ処理をしていきたいところです。

キレイモはコースによってシェービングが無料になる

キレイモでは、回数パックのコースなどを選ぶとシェービングが無料で受けられます。月額制のコースを選んだ場合は、背中やえりあしなどの一部分に限り、シェービングが無料です。キレイモのシェービングは、コースによって料金が変わりますので、事前に確認しておくのが確かな方法と言えます。

TBCやエピレでもシェービングの料金は発生しない

TBCでは、ライト脱毛のコースを選んだときにシェービングが問題になってきます。こちらのサロンを利用していて、万が一シェービングをするのを忘れてしまったときには、施術を受ける前にサロンが用意しているシェーバーを使って自分で処理を行います。VIOや背中などの手が届きにくいところはサロンのスタッフに処理をお願いできますが、このような場合でも追加料金などはとくに発生しません。
エピレの場合も、シェービング代は基本的にかかりません。ただ、こちらのサロンでは、シェービングを忘れてしまったときにシェーバーの購入を勧められることがあります。施術の前には必ずシェービングが必要になるため、自分で持参をしないと急きょシェーバーを購入しなければならなくなり、商品の代金が発生します。

まとめ

サロンが行っている光脱毛は、シェービングをしていないと十分な効果が得られなくなるのが難点です。手や足といった比較的処理がしやすい部分の場合は、事前にシェービングを済ませていったほうが安心です。自己処理が難しい場所に関しては、ほとんどのサロンが何らかのサポートを行っています。コースの利用条件などを確認しておくと、無料で対応してもらえるかどうかも把握できます。